家庭教師は登録制で有名大学の生徒が多い。

家庭教師が勉強を教える生徒さん

家庭教師は学校とは違い、自宅で勉強を教えるお仕事です。教える生徒は一人一人違った事情がありますが、学校で勉強をして自宅で勉強をしたい生徒や不登校で学校では勉強ができないから家庭教師に勉強を教えてもらう生徒などがいます。勉強方法も一人一人にあった勉強法で教えなければいけないのです。勉強する時間は1時間単位で行っていて、2時間勉強を教えてもらうと2時間分の授業料がかかります。家庭教師は登録している大学生が行っています。

有名大学に通っている人のほうがお仕事の量が多い

登録している大学生は、東京大学や京都大学または早稲田大学などの有名大学の学生が大半を埋めています。有名ではない大学へ通っている先生も在籍していますが、有名大学に通っている学生のほうがお仕事が多く入ってきます。大学生が家庭教師のバイトをするには、将来的に教師を目指している人が家庭教師をしています。家庭教師の会社に登録する際も有名大学へ通っている人のほうが採用率が高くなっているのです。通っている大学が有名ではない大学へ通っている先生は登録ができてもお仕事の量に関わってきます。

会社には登録だけで、面接は生徒さんの自宅でおこなう

家庭教師になるには、登録している会社から訪問先のご自宅へ紹介されます。訪問先へ行ったら、直接、訪問先の人に面接をしてもらうので、雇うかどうかは依頼者が決めますので登録したからって必ずお仕事があるものではありませんよ。面接のときに持っていくものは学生証だけで、教材などは持っていかないので、生徒さんが持っている学校で使っている教科書を使って勉強を教えます。このために有名大学や教育学部の人がはるかに有利と言えるでしょう。

家庭教師のバイトは、時給が高いため短時間でも稼ぐことができ、自分の勉強の復習にもなることから、大学生に人気のバイトとなっています。